AGL skipnavi

Modes

業務機能別に独立プログラムの運用の
作業実行において利便性と専門性を確保します。
既存のシステムが一つのプログラムですべての作業を実行することとは異なり、
TIGER GDSは業務機能別にプログラムを分離して、ユーザーに最適化されたシステムを提供します。

フロントモード

フロントデスク、プロショップ、F&Bで使用できる固定モードです。 すべての訪問者のためのチェックイン/チェックアウト/物品販売/飲食注文などを統合的に実行します。 フロントモードでは、画面タッチベースで、簡単かつ便利な機能とUIで構成され、ユーザの利便性と業務効率が向上します。

アドバイザーモード

キャディーもしくは試合進行者モードで使用できます。 この場合、端末は、特定のチームの専用機器として認識され、ゴルファーのスコア管理やカート管制システムと連動されます。 また、リアルタイムでF&B、プロショップの注文が可能であり、ゴルファーが支払いしたいときにすぐ決済できます。 このモードでは、モバイル機器で運営されており、キャディーや試合進行者はすべての作業を行うことが可能です。 (タブレットサイズのプログラム)

バックオフィスモード

バックオフィスモードでゴルフクラブのすべてのDataとのビジネスの状況を図式化してリアルタイムで確認できます。 また、ティータイムの設計と価格設定を自動化することができ、TIGER GDSが提供するBig-dataに基づいて 様々なマーケティングソリューションを提供しています。 このモードでは、Webページで提供されており、モバイル及びPC画面でも確認することができます。

業務指示モード

コース管理とマーケティングに関する作業は、顧客関連メニューが削除されたまま、アプリケーションで使用することができます。 業務指示モードを通じて、管理者と現場実務者は、クラブ全体の業務をリアルタイムで共有し、実行します。 このモードでは、モバイル機器を通じてリアルタイムで確認することが可能です。